当院の紹介

あおぞら動物病院

0267-63-1255

〒385-0044 長野県佐久市本新町216-15

営業時間:午前9:00~12:00,午後16:00~19:00
定休日:木曜・日祝午後

Cute Dog Isolated on white

当院の紹介

当院の紹介

院長挨拶

院長の画像
院長
増山 浩一
院長略歴
長野県立野沢北高校卒業
国立岩手大学農学部獣医学科卒業
ダクタリ動物病院・京都病院勤務
長野県動物愛護センター勤務
小諸さくら動物病院勤務 などを経て
あおぞら動物病院 開院(2017.5.3)

公益社団法人 日本動物病院協会会員病院
長野県獣医師会所属
獣医神経病学会所属
日本獣医循環器学会所属
日本獣医内分泌研究会所属
日本獣医内視鏡外科研究会所属
日本獣医生命科学大学付属動物医療センター「呼吸器科」研修生
小諸さくら動物病院 長野どうぶつ眼科センター研修生
どうぶつ眼科EyeVet研修生

佐久市にある「あおぞら動物病院」は地域の方々に、ペットへのリテラシーをより高めていただきたいと考えています。

そのために「あおぞら動物病院」は、「些細なことでも気軽にご来院いただける身近な動物病院」を目指し、そして「安心してお帰りいただける動物病院」を目指しています。

みなさまとペットの健やかな毎日をサポートいたします。
お気軽にご来院ください。

カフェのような
落ち着ける雰囲気

「あおぞら動物病院」の待合室は、ご来院いただく方が安心してリラックスできるよう植物を多く取りいれて、ゆったりとした雰囲気づくりを心がけています。
また使用する医療器具をはじめ、衛生管理を徹底して院内感染対策を行っています。

待合でお待ちの間、ネコちゃんには毛布の貸し出しを行っております。ご希望の方はお気軽に受付にお伝えください。
佐久市内で動物病院をお探しの方は、「あおぞら動物病院」へお気軽にご相談ください。

img_touinnnosyoukai02

ワンちゃんとネコちゃんの
お部屋が分かれています

img_touinnnosyoukai03

動物病院へ来るワンちゃんやネコちゃんがストレスフリーで診察を受けることができるよう、それぞれの診察室を分けています。
もちろん、入院する際の部屋も分けておりますのでご安心ください。

佐久市にある「あおぞら動物病院」は、ペットたちの為にできうることを最大限に考え配慮しています。
ご要望などがありましたら、お気軽にお申しつけください。

ドッグランもあります!

佐久市にある「あおぞら動物病院」には、ワンちゃんが思い切り走り回ることのできるドッグランがあります。
緑に包まれたドッグランで、ストレスを解消することができます。
ワンちゃんが元気になったら、ぜひドッグランで遊ばせてあげてくださいね。

img_touinnnosyoukai04

設備紹介

超音波手術システム ソノサージ

超音波手術システム「SONOSURG」

手術時に動物の負担をすこしでも軽減する為に、「あおぞら動物病院」はOLYMPUS社製の超音波手術システム「SONOSURG」を導入しています。

<シザース/高性能ハンドピース>

超音波メスのメリットには、大きくわけて2つあります。
・メスによる切開と同時に、組織の凝固止血ができる
・手術時間の大幅カットが実現

メスによる切開と止血を同時に行うことで、組織における出血がほぼありません。
そのため手術時間を大幅にカットすることができ、動物の身体にかかる負担を劇的に軽減することができます。

<キューサー>

血管や神経を温存しながら、実質臓器を効率よく乳化・吸引することができます。

肝臓などの臓器にできた腫瘍を血管や神経を残したまま、正常組織と腫瘍との分離が可能です。残った血管や神経はソノサージ・シザースで凝固・切開することができます。

今まで諦めていた肝臓などの腫瘍の摘出も一部症例によっては行うことができようになります。また、手術が効率的に行えるため、麻酔の負担軽減にもつながります。

nr020927ssurgj
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-04-13-18-04-19
動物用ICU メニオス

「あおぞら動物病院」では、メニックス社の最新型ICUシステム「メニオス」を導入しています。

これにより、重症患者の管理や術後の経過観察にストレスをかけることなく酸素化、温度管理、湿度管理を適正に行うことができます。

循環器や呼吸器疾患の症例、熱中症の症例において、特に威力を発揮します。

menios-body2
超音波検査機 LOGIQ S8 FS

「あおぞら動物病院」では、GE社最新型超音波検査機「LOGIQ S8 FS」を導入しています。

従来に比べより綺麗で繊細な画像を得ることができます。

また見えにくかった組織構造もより容易に捉えられる様になります。

超音波検査において、最良の検査結果をもたらす為の必要絶対条件は最良の検査機器がある環境です。
必要な検査結果がすぐに得られるので、動物にかかる負担も少なくて済みます。

o16414_ge-43560
遠隔監視システム クリアボ

「あおぞら動物病院」では入院室を常にモニター管理しています。遠隔地からもタブレットやスマホにより室内のチェックが可能です。

さらに、特に注意が必要な症例には、見守りシステム「CLAIRVO クリアボ」によって二重にモニターしています。

このモニター監視システムにより、手術後や入院中の動物の様子を24時間監視することが可能です。動物の変化をいち早く知ることで処置が後手に回ることがなくなり、状態の悪化を防ぎます。

赤外線カメラ内臓なので、夜間もはっきりと見守ることが可能です。

動物の心拍・呼吸・体動を感知し、さらに室内の温度・湿度もモニター可能です。

%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
声門上気道確保器具 v-gel

 「あおぞら動物病院」では、ウサギやネコなどの様な口が小さく喉の奥が見えにくい動物の麻酔時の気道確保に声門上気道確保器具「v-gel」を利用しています。

 これにより、気管挿管に伴う合併症(喉頭痙攣、喉頭浮腫、気管損傷など)を大幅に軽減することが可能となり、麻酔処置時の動物への負担が軽減されます。

 あおぞら動物病院は常に動物への負担軽減を意識した診療を心掛けております。お気軽にご相談ください。

download-1

お問い合わせはこちら

〒385-0044 長野県佐久市本新町216-15

営業時間:午前9:00~12:00,午後16:00~19:00

定休日:木曜全日・日祝午後

img_cb

TOP